トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~西伯郡大山町篇~ > 旧西伯郡大山町 > 長田砦

◆ 長田砦

【 概 略 】

国史跡「妻木晩田遺跡」の東部丘陵に所在する。

伝承には名和氏に所縁のある居館が所在したと云われるが、工場建造による造成がなされ大きく破壊されている。

 

立地、構造から蒙古襲来に備えて築城された城砦の一つで、日本海側の諸海城(伯耆国末吉城、伯耆国福尾城、伯耆国富長城、伯耆国長野城など)と同時期の建造と推測され、特に富長城との共通点が多い。

 

近年の通例では造成前に発掘調査が行われるが、当時は全く調査されることなく破壊が行われたため調査報告書など資料も存在しないとしている。

当時の状態を知る方曰く、4~5m程度の土塁で囲まれた方形居館跡にも見えたとしている。

 

残存部と推定される遺構については残存土塁の残る西側の郭跡、南東側に土塁状の土壁、郭の中央北に堀跡、北側の丘陵に連郭状の帯郭と竪掘、横堀と考えられる堀跡などが見える。(畑として利用されていたとすることから水路跡の可能性も)

 

名和氏の頃の城砦とするなら当時は北側の山麓付近まで海岸線、或いは湿地帯であったことから日本海側の見張りや海路を警備した海城としての運用が推定される。

また、当時を知る方から「4~5m程度の土塁で囲まれていた」との証言があり、設計に於いて用途と構造に富長城との共通点が見えることから、当砦も荒松氏による改修が行われた可能性が見当として挙がる。

 

名和氏が西伯耆に勢力を伸ばした頃、長田周辺は荒松氏が守備したとされ、富長城荒松氏による築城とも云われることから当砦(或いは城館)は荒松氏が築城・改修及び管理を担ったことが推定できそうである。

【 遠 景 】

南の長田集落からの遠景

南西の土塁隅

北側の土塁と空堀

郭内の堀跡

【 見どころ 】

国史跡 妻木晩田遺跡

日本最大級の弥生集落遺跡です。

弥生時代の集落跡に関する遺物や遺構について学習することができます。

 

当砦は鳥取県立むきばんだ史跡公園(国史跡妻木晩田遺跡)内に所在していますが、非公開エリアで一般公開はされていませんので無断での立ち入りや見学はできません。

伯耆国松尾城

松尾池を挟んだ南側に松尾城が見えます。

松尾城と長田荘に所在する集落の位置から当城砦は居住するための施設と言うよりは海上交通の監視、日本海側の哨戒を目的とした施設であったことが考えられます。

広い意味で捉えれば松尾城の出丸と考えても良いかもしれません。

【 縄張図 】

不明

【 地 図 】

【 概 要 】

名 称長田砦(ながたとりで)

別 名:伝・名和氏居館(なわしきょかん)

所在地:鳥取県西伯郡大山町長田

築城年:不明

廃城年:不明

築城主:不明(荒松氏が推定される)

城 主:不明(荒松氏が推定される)

形 態:海城

遺 構:郭跡、土塁、空堀、竪掘、横堀

現 状:山林(むきばんだ史跡公園内)、工場

種 類:国指定史跡(平成11年12月22日指定)※当城砦としての史跡指定ではない

【参考文献】

・郷土史 長田(1974年 郷土史長田編さん委員会)

【城娘】

 

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

元徳年間

1330年頃

不明

不明

伝承には名和氏に関係する居館が所在したと伝わる。

【 写 真 】(訪問日:2016/11/04、2017/11/16)

工場横の作業道

南西側の土塁

南西側の土塁

東側の土塁

北側の腰郭(帯郭)

北側の腰郭(帯郭)

北側の腰郭(帯郭)

北側の腰郭(帯郭)

北側の腰郭(帯郭)

北側の空堀と土塁(古道)

北側の空堀と土塁(古道)

北側の空堀と土塁(古道)

北側の土塁

北側の土塁

北側の土塁

北側の横堀

残存郭内の堀跡

残存郭内の堀跡

残存郭内の堀跡

残存郭内の様子

残存郭内の様子

北側の竪掘

北側の竪掘

北側の竪掘