トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > た行(て) > 天竺元氏

天竺三郎四郎元氏(てんじく-さぶろうしろう-もとうじ)

【氏】?【姓】朝臣?【名】天竺【通称】三郎四郎【諱】元氏

【別名】細川天竺三郎治郎(ほそかわ-てんじく-さぶろうじろう)、天竺三郎治郎元氏、天竺三郎二郎元氏(てんじく-さぶろうじろう-もとうじ)、天竺四郎三郎元氏(てんじく-しろうさぶろう-もとうじ)

【所属】毛利氏

【官位】不明

【出身】不明

【生年】不明

【没年】不明

毛利氏の家臣。

一族は備中国守護、細川氏の庶流とも云われ、「細川天竺三郎治郎」と記述する文書も見える。

 

伯耆国美女石城の城主と云われ、麓には天竺屋敷と呼ばれる居館を構えていたと伝わる。

備中国では備中国軽尾城の城主も務めている。

 

1573年(天正元年)、軽尾城から美女石城へ転移したと伯耆志に記述が見える。

 

伯耆志では1582年(天正10年)に再び美女石城から軽尾城へ転移したと記述に見えるが、鳥取縣神社誌(佐川神社の項)では1585年(天正13年)に「天竺三郎治郎元氏」が佐川神社を造営とあることから造営の指示を出した後に伯耆を去ったのか、完成を見て伯耆を去ったのかで美女石城への在城期間について諸説が存在している。

 

また、書物によってそれぞれ当てられている字が異なっている。

「天竺三郎四郎元氏(江府町史など)」「天竺三郎二郎元氏(伯耆志)」「天竺三郎治郎元氏(鳥取県神社誌)」 「天竺四郎三郎元氏(日野郡史)」