トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 武将列伝帖 > あ行(い) > 岩野弾正

岩野弾正(いわの-だんじょう)

【氏】不明【姓】不明【名】岩野【通称】弾正房【諱】不明

【別名】岩野弾正房・岩野弾正坊(いわの-だんじょうのぼう)

【所属】不明

【官位】不明

【出身】不明

【生年】不明

【没年】不明

伯耆槻下城槻下豪族館)を居城とした人物。

居城とした居館跡の遺構の様子から鎌倉時代頃の有力な地侍と推測され、地頭職(槻ノ郷の荘園、古布庄か)程度の身分とも。

 

槻下神社由来記(池本家文書:安永年間)では「岩野弾正房」と記述され、寺院や仏僧と関係の深い人物像が連想される。

和伊智三社大明神(現・槻下神社)を信仰し、城内守護の産土神としても崇敬していたことから社領数十石を認めていた。

 

伯耆民談記では「岩野弾正坊」と記述され、槻下城月下城)を居城、古布庄(こうのしょう)が本拠地としている。