トップページへ
お問い合わせフォーム

HOME > 伯耆古城図録 > 伯耆古城図録 ~西伯郡伯耆町篇~ > 旧日野郡溝口町 > 福島城

◆ 福島城

【 概 略 】

野上川西岸に位置する福島集落西側の山中から尾根筋にかかる字古城山に所在する。

字古城山に所在する主郭を含めた東側連郭の東~南東側は福島、連郭の西~北西、北東端に鎮座する野上荘神社、西側の谷を隔てた北側の尾根が福吉となる。

 

城郭の規模は福島集落西側の山中(字古城山周辺)の東西約300m、南北は約200~500m程度(いずれも谷部を含む)と推定されているが正確には不明。

古城山から南の谷を隔てた山中も不明瞭ながら土橋が続くことから城域と推定され、周辺諸城と比較しても突出した規模を誇る。

 

防御施設も遺構として多くが残っており、尾根伝いに郭を並べた連郭式の縄張、要所に堀切、竪掘、土塁を配することで防御力を高めていたことが伺える。

南側と北側の谷に面した郭にはそれぞれの谷方向に対する腰郭が配されており、伯耆国内では珍しく防御側の思惑が読み取れる城砦である。

 

これだけの規模を誇り、城砦としても入念な設計が成されていることから有力な領主が治めたと推測されるものの、伯耆志や伯耆民諺記、伯耆民談記など伯耆国についてまとめた史料に記述は見られない。(一次史料に一切記述がないとしている)

日野郡史 前篇には唯一、字名から城跡とする記述が、溝口町誌にはその引用と思われる記述が見える。

 

日野郡史 前篇 福島の福島城の条

「字古城山に在り。外構城と相對す」

溝口町誌

「字古城山にあり。外構城と相対する」

 

郷土史のふるさと溝口では地名の由来として当城の城主に福島氏を挙げている。

 

ふるさと溝口 福島城跡の項

「福島村の呼称は、かつて福島氏在城に由来するという。城域は福島裏山から野上荘神社背後の高台へ、また、谷一つ隔てて西側山上へと広範囲に渡る。山麓に古墓多し」

 

城域の北東端に鎮座する野上荘神社の社伝には永禄年間(1558年~1570年)、毛利方の部将、三村家親香川光景が当社に拠り、尼子方の山中幸盛と戦ったとあり、その際、兵火に遭い焼失したと伝えている。

当時の野上荘神社は二社が左右に相対して鎮座していたとされることから元々鎮座した位置は不明。

三村家親香川光景は当城域内に鎮座した神社社殿に拠ったと推測すると社伝から当城が毛利方に与したことが伺える。

 

2014年(平成26年)から砂防堰堤建設工事に伴う試掘調査、2015年(平成27年)~2017年(平成29年)にかけて本発掘調査、2017年(平成29年)6月4日に伯耆町教育委員会による現地説明会が行われた。

 

福島集落西側の谷底部から平安時代末頃~鎌倉時代初頃に操業したと推測されるたたら製鉄に関する鉄関連炉跡(1基)が出土し、炉に伴う排滓場(1ヶ所)、炭窯(3基)が検出とある。

城内にも炉が1基、併せて柵列跡、石を伴う犬走り状平場、空堀跡、中・近世の古墓も検出とあり、空堀については西の堀切に繋がる堀跡と推定される。

炉の形態に関しては製鉄炉か精錬鍛冶炉か不明とし、鉄滓の化学分析待ちとしている。

 

古城山周辺の山は主に花崗岩で構成されている。

山陰側の花崗岩は磁鉄鉱系列で純度の高い砂鉄を含んだことから真砂砂鉄とも呼ばれ、伯耆国内、特に日野郡の製鉄産業には欠かせない存在であったため、たたら製鉄に伴う相当量の真砂土採取が行われたことが推測される。

花崗岩で構成される山(真砂山)は崩れ易いことも併せて、縄張の不明瞭な部分は土砂採取や自然崩落による破壊も考えられる。

城内の堀切や竪掘とする堀の一部は真砂土採取の名残とする説も挙げられる。

【 遠 景 】

南東からの遠景

北東からの遠景

東(福島集落)からの遠景

野上荘神社からの遠望

【 見どころ 】

野上荘神社

唯一、当城に関係すると思われる社伝を伝える神社です。

但し、鎮座する所在地は西伯郡伯耆町福吉。どちらかといえばお隣の外構城に縁の深い神社のようです。

当城としての記述が全く見えないことから、もしかすると外構城と当城を併せて「外構城」と呼んだのかもしれません。

そうなると…日野郡でも屈指の規模を誇った超大規模城郭が存在した可能性があるかもしれませんね。

(ちなみに現在は市町村合併によって日野郡から西伯郡となりました)

たたら製鉄に関する炉跡

炉底の鉄滓から平安時代末~鎌倉時代初頃のたたら製鉄に関係する炉跡と推測されます。

谷底部の炉跡は城下町に近く、少し高台に上った場所の炉跡は城域内にあることから、それぞれの炉は目的や用途、使用した人物の身分などが違う可能性もあります。

ここから北に暫く行くと野上城が所在しますが、こちらでもたたら製鉄に関係する遺物が出土していることから、製鉄で栄えた城下町があったとされ、福島周辺では大規模な製鉄産業が営まれていたことが考えられます。(写真は谷底部の発掘現場)

【 概 要 】

名 称福島城(ふくじまじょう)

所在地:鳥取県西伯郡伯耆町福島 、鳥取県西伯郡伯耆町福吉

築城年:平安末~鎌倉時代

廃城年:不明

築城主:不明

城 主:(毛利氏)福島氏三村家親香川光景

形 態:山城、丘城

遺 構:郭跡(腰郭、帯郭)、空堀、堀切、竪堀、土塁、土橋、井戸、櫓台、製鉄炉

現 状:野上荘神社、砂防堰堤、山林

種 類:文化財指定なし

【参考文献】

・日野郡史 前篇(昭和47年4月 日野郡自治協会)

・溝口町誌(昭和48年9月 溝口町誌編さん委員会)

・溝口町制施行40周年記念 文化財ガイドブック ふるさと溝口(1993年9月 溝口町教育委員会編)

・福島城調査概要書(平成29年6月 現地説明会配布資料)

【城娘】

 

【 縄張図 】

福島城略測図

鳥取県中世城館分布調査報告書第2集(伯耆編)

【 地 図 】

【 年 表 】

年号 西暦 出来事

平安時代

鎌倉時代

不明

永禄年間

1558年

1570年

毛利方の部将、三村家親香川光景らが野上荘神社の社殿に拠り、尼子方の山中氏と戦ったとされ、この時の兵火により社殿が焼失とする。(野上荘神社社伝)

【 写 真 】(訪問日:2017/06/04、2017/06/05)

野上荘神社背後の腰郭跡(北郭の腰郭)

北郭の腰郭

北郭の様子

北郭の様子

北郭の南側には土橋状の地形

北郭の土橋を断ち切る堀切(土橋から)

土橋を断ち切る北堀切

北堀切から西側に続く竪掘

北堀切西側の竪掘

北堀切西側の竪掘

主郭北側の土橋状の地形

主郭北側の土橋状の地形

主郭北側の郭跡

主郭西側の斜面と腰郭

主郭西側の腰郭(帯郭)

主郭東側の腰郭

主郭東側の腰郭と切岸(上から)

主郭中央部の土塁(北側)

主郭中央部の土塁(北側)

主郭中央部の土塁(北側)

主郭中央部から北側の様子

主郭中央部の切岸

主郭中央部の切岸

主郭中央部の切岸

主郭東側の竪掘

主郭東側の竪掘

主郭南側の様子(推定・天守台)

主郭南側の様子

主郭南側の様子

主郭西側の腰郭

主郭西側の切岸と腰郭

主郭西側の切岸と腰郭

主郭東側の斜面と腰郭

主郭東側の腰郭

主郭東側の腰郭

主郭西側の土塁

主郭西側の土塁

主郭西側の土塁

主郭西側土塁の先に大堀切

主郭西側土塁先の大堀切

主郭西側土塁先の大堀切

主郭西側土塁先の大堀切

主郭西側土塁先の大堀切

主郭西側土塁先の大堀切

主郭西側土塁先の大堀切

大堀切から南に堀が続く

大堀切を西に越えると連郭が続く

西へ連なる連郭

西へ連なる連郭

西の連郭頂部の郭は腰郭を配する

腰郭を配する郭跡

連郭西端の土橋と堀切

連郭西端の土橋と堀切

西の堀切から先は不明瞭な土橋状地形

西~南西に続く土橋状の地形

不明瞭な土橋を南西側に進む

不明瞭な土橋を南西側に進むと堀切

不明瞭な土橋を北側に進むと堀切

不明瞭帯の堀切・竪掘は土砂採取跡とも

不明瞭な土橋を北側に進むと連郭

連郭の北側には竪掘(西側)

北の連郭

北の連郭

北の連郭

北の連郭

北の連郭

北の連郭

北の連郭

北の連郭

北の連郭

北の連郭

北の連郭端は腰郭を配する

連郭の北側には竪掘(東側)

発掘中の現場

発掘中の現場

発掘中の現場

発掘中の現場

発掘中の現場

発掘中の現場(石を犬走り状平場)

発掘中の現場

発掘中の現場(石を犬走り状平場)

発掘中の現場(石を犬走り状平場)

野上荘神社横の水路石組跡